【神作限定】エロ漫画、同人の無料ネタバレ!※実用性MAX

超人気作のエロ漫画、同人の情報をまとめています。

*

もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。無料ネタバレ!妻役の先輩美女を

      2019/08/19

 

>>今すぐ「もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。」を読む!<<

 

潜入捜査を疑われないようにセックスしましょう。 ネタバレ

ラブラブ夫婦の正体は

 

ピンポーン!

 

「ただいま~」

 

ガチャ!

 

「おかえりなさい」

 

「こんなに買い物してどうするの?」

両手いっぱいの買い物袋を見て、突っ込みを入れる。

 

「す、すみません」

「先輩が昨夜間違って砂糖を…」

 

ガチャ!

 

アパートの隣室の扉が開き、中から男が出てくる。

 

「いや~今日もラブラブですね~」

 

 

「そうなんです~!」

雷土は、野間の腕に抱き着く。

雷土の胸がムギュッと野間の腕に当たる。

 

「荷物が重いからって、こんなに買い物してきてくれて」

「私にはもったいない夫です~」

 

そう言って野間の背中をギュッと掴み、男に挨拶するように促す。

 

「いや~いつも美味しいご飯を作ってもらってるので、そのお礼です~」

 

「それじゃあ失礼しま~す」

 

そそくさと部屋の中に入っていく二人。

 

 

 

「野間くん、貴方また外で私のこと先輩って呼んだわね」

「それでもマトリ(麻薬取締捜査官)なの?」

 

「気づかれたらこの潜入捜査は終わりよ」

「私たちは夫婦って設定なんだからね?」

 

「すみませんでした、雷土先輩」

2人はマトリで、潜入捜査を行っている夫婦役なのだった。

 

シュンと落ち込む後輩の姿に、つい優しくしたくなる雷土。

しかしこれは仕事だ。甘くするわけにはいかない。

 

「気を付けてよ」

少し厳しい口調で注意を続ける。

 

「先輩は本当に演技派ですよね」

「普段はこんなに厳しいのに」

 

「マトリなら、あれくらいの演技はできて当然よ」

(決まった)

先輩として、決め台詞を吐く雷土だった。

 

 

潜入捜査を続ける2人

ガチャ…

 

2人の耳につけたイヤホンが盗聴器の音を拾う。

どうやらさっきの男が部屋の中に戻ったようだ。

 

ところがその後、男はすぐに出て行ってしまう。

 

「このアパートで製造しているところまでは突き止めたのも先輩ですもんね」

「肝心の販売ルートを抑えられていないわ」

「元締めを抑えるまでは、ここで監視を続けるわよ」

「お偉いさん方にも詰められてるし、くれぐれも失敗のないようにね」

 

「はい、先輩のように頑張ります」

 

「それにしてもここに缶詰になって3ヶ月」

「いくら仕事とはいえ、彼氏さん許してくれますね?」

後輩の野間から、ある意味ではキツい突っ込みが入る。

 

「ま、まあね」

「仕事に理解があるから」

本当は彼氏などいないのだった。

 

 

夜になり、雷土はパソコンを使って仕事を続ける。

その一方で野間は布団で横になり、ぐうぐうと眠っている。

 

 

「邪魔するぞ!」

盗聴器とつないだイヤホンに、突如として男の声が。

隣の部屋に誰かが訪問したようだ。

 

すぐに雷土は野間を起こし、調査を開始する。

 

「3日後、井中公園で取引だ」

「了解です」

 

入ってきた男が、住人の男に取引場所と日時を伝える。

 

重要な情報を得ることができ、満足な表情を浮かべる雷土と野間。

 

犯人たちにマトリと勘付かれ

「その後、変なことはないか?」

「隣に若い夫婦が越してきたんですが…どうもおかしいんですよ」

 

「このアパート壁が薄いんで、ちょっと音立てたら全部聞こえるんですけど」

「喘ぎ声1つ聞こえないんですよ」

 

「新婚なら毎晩ヤッてもおかしくないのに」

「はは!間違いない!」

 

男たちは笑いながら話しているが、捜査官2人は動揺し始める。

 

「隣の奥さん、美人だし胸はデカいよな」

「尻も安産型だし、ヤリ甲斐があるだろうに」

 

変な会話を聞いてしまい、顔が赤くなってしまう雷土。

 

「もしかして、そいつらマトリなんじゃねぇか」

 

2人の間に緊張が走る。

 

「そういえば、昼間の態度もぎこちなかったような」

(このままじゃ…)

 

万事休すか。そう思ったその時、野間が雷土の腰を掴んで…

 

>>「もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。」の続きはこちら!<<

 - 巨乳・爆乳