【神作限定】エロ漫画、同人の無料ネタバレ!※実用性MAX

超人気作のエロ漫画、同人の情報をまとめています。

*

ビッチ!?が田舎にやってきた:エロ漫画の無料ネタバレ!都会のギャルが田舎男子にヤラれまくる

   

都会の子ってみんなビッチで生ハメセッ○スしてるんだろ!? ネタバレ

田舎に転校することになったイケイケJKの奈緒

上原奈緒は都会にいるごくごく普通にリア充JKだ。

 

休日は彼氏のライブを応援

新作スイーツを食べてSNSにアップ

話題の映画を観た後はカフェで感想を語り合う

 

そんな充実した日々を過ごしていた奈緒だが、父の仕事の都合で1年だけド田舎に引っ越すことになる。

そして、転校した初日。

 

「東京から転校してきた上原奈緒でーす」

 

1つの教室にバラバラの学年…テレビでしか見たことがなかった学校だ。

 

「ギャルだ、ギャルが転校してきたぞ」

上原奈緒が前で挨拶をするだけで、教室中がザワつき始める。

 

「これが、都会のギャル!」

「あはは、よろしくね~」

 

都会育ちなだけでチヤホヤされるのも悪くはない。

奈緒がそんな風に感じていたのも事実である。

 

アクセサリをどこで買ったとか、行列のラーメン屋の話など、田舎男子が次から次へと奈緒に質問を投げかけてくる。

 

「なぁ。やっぱり都会のギャルってヤリまくりなの?」

「はぁ?」

「エンコーで小遣い稼ぎとかしてるんだよな」

 

「ないない、AVの見すぎだろ」

「3000円でしゃぶってくれるって聞いたことがある」

 

クラスの男子たちが好奇心からなのか、デリカシーのない話題を持ちかけてくる。

 

男子たちに生パンチラを見せつける

とはいえ奈緒も少し調子に乗ってしまう。

(こいつらカラかったら面白そうだな)

 

「どんだけ盛ってんだよ」

「まあパンツくらいなら見せてやってもいいけど」

 

奈緒はそう言って組んでいた生足を直し、そして堂々と広げてみせるのだった。

黒色のエロい下着に、男子たちの目線はくぎ付けになる。

 

「うおおおぉぉぉぉっ!!」

男子たちが歓声にも近い声をあげる。

 

「これが上原のパンツ!」

「JKギャルの生パンチラだ!」

 

「ガン見しすぎでキモいんですけど~」

(いいリアクションすぎ笑)

(いかにも童貞って感じ笑)

 

「はい、おーわり!」

開いていた脚を元に戻す奈緒。

 

「えぇ~!もう終わりかよ!」

今度は悲痛の叫びだ。

 

「キャハハ、あんま調子乗んなって」

 

おっぱいも見せてとおねだりされて

「上原!胸も…おっぱいも見たい!」

「え?」

少し困惑し始める奈緒。

 

「頼むよ上原!」

「俺ら、都会のギャルなんて接点ないんだよ~」

「だから上原だけが頼りなんだ!」

「上原の生乳、拝ませてくれ!」

「土下座でも何でもするからっ!」

 

あまりに強くおねだりされた奈緒は、

 

「ったく女に飢えすぎだろ」

 

そう言いつつ、制服のボタンを外し、胸を見せてあげるのだった。

黒色のブラに包まれた上原の胸の谷間が男たちを刺激する。

 

「うぉぉぉぉ!さすが上原!」

「本物のギャルはノリがいいぜ!」

 

ブルン!!!

むにゅっ!!!

 

その時、突然後ろから男子が奈緒の胸を揉み始める。

その勢いでブラがズレて、奈緒の巨乳が弾け出る。

 

「でっか!発育良すぎだろ!」

 

「ちょっ!何揉んでんだよ!」

 

「いいじゃん、減るもんじゃねえし」

「都会なら、こんなのよくあることだろ?」

「ネットに書いてあったぜ」

 

ネットやAVを基準に都会のJKを判断し、その行為を奈緒に押し付けてくる男子たち。

 

「でかいし、柔らかいし、最高だよ上原」

「あぁ、ギャルの生乳が目の前に!」

「もう、我慢できねぇ!」

 

別の男子が奈緒の乳首にむしゃぶりつく。

 

「あっ…!♡」

「や、勝手に吸うな!」

 

「お、乳首しゃぶられて感じてるのか?」

「んなわけないでしょ」

 

後ろからは揉まれ、正面からは吸われる奈緒。

 

「うそつけ!乳首ビンビンになってるぜ!」

「うっわ、上原エロすぎだろ!」

「やっぱ都会のギャルってビッチなんだな!」

「ネットで見た通りだぜ!」

 

田舎男子のデカいのが奈緒に

シコシコシコ

「はぁはぁ」

突然、隣で別の男子がオナり始める。

 

(うわデカ!)

(ってか何シコり始めてんだよ)

(野生のサルかよ、田舎の男ってみんなこうなの?)

 

ところが、奈緒の方にも少し変化が現れ始める。

 

(でも濃厚な男の臭い、私まで熱くなってきちゃったかも)

(早く帰って彼とL○NEエッチしよ…)

 

「おい見ろよ!上原のパンツ!」

「何か濡れてねぇか?」

 

「いや、これは、そのぅ…」

 

「うわ!ホントだ!これ完全に誘ってるぜ!」

「ビッチすぎだろ上原!」

 

(いやいや何この状況!?)

奈緒もここに来てさすがに焦り始める。

しかし、

 

「あ~もうダメだ!我慢できねぇ!」

 

奈緒はパンツを脱がされ、机の上に倒され無理やり脚を広げられる。

 

「こんなくそ田舎でギャルの生マンを拝める日が来るなんて!」

 

「マジ無理だって!」

「ちょっとカラかってみただけだし」

「ってか私彼氏いるし」

 

奈緒が必死に弁明するが、そんなことは猿男子たちには聞こえていない。

 

「先っぽだけ、頼む先っぽだけでいいから」

 

フル勃起したチ○ポを擦りつけながら、奈緒におねだりする男子。

 

「都会の子ってみんな生ハメしてるってネットに書いてあったぜ」

「んなわけないでしょ…っ」

 

「待って待って、そんなに大きいの…」

「ホントに…ダメぇ」

 

「んはぁっ」

 

田舎男子の巨チ○を挿入され、声をあげながらビクついてしまう奈緒だった。

 

 - 女子校生・JK ,